ハクビシン駆除に使われる華麗な技は実績豊富な優良業者だからできる

知っておいて損しない!ハクビシン駆除を任せる前に生態を知る

見た目に騙されては駄目!

害獣と呼ばれている動物の中には、見た目がとても可愛い種類が多く存在します。ハクビシンもそのひとつで、可愛いからといって放置すると後で痛い目に遭う可能性が高いのです。ここでは、ハクビシンについて詳しくご紹介していきます。

ハクビシンによる被害とは?特に多い被害をご紹介!

no.1

ダニやノミによる健康被害

ハクビシンには、ダニやノミがとても多く潜んでいるといわれています。そのため、家に棲みつかれてしまうと知らない内に家の中にダニやノミが増えており、体に大きな被害を受けてしまうことがあるので非常に危険な害獣です。

no.2

足音の騒音による被害

小さな体のハクビシンでも屋根裏を歩いていると足音が目立ちます。また、夜行性の動物なので昼間は静かですが、夜になると活動し出すので小さな音でも気になります。騒音が気になりだすと、睡眠障害やストレスを蓄積して体に被害を受けます。

no.3

糞尿による臭いの被害

ハクビシンも生きているので糞尿をします。外でしてくるのならまだましですが、やはり侵入した家に作った巣にも糞尿をするので臭いが充満してきます。特に夏場となれば、かなりきつい臭いになるので早く駆除しなければいけません。

no.4

駆除するのが大変

ハクビシンは、とても動きがすばしっこいので駆除業者でも作業が大変だといわれています。そのため、個人では到底ハクビシン駆除を行なうことができないとされているほど厄介な害獣です。見つけたらすぐに駆除業者に連絡するのがいいでしょう。

no.5

家の建材に被害がある

家に棲みつくハクビシンは、家の断熱材などを使って巣を作ります。そのため、知らない内に家をボロボロにされていることもあります。少しでも、異変を感じると思ったら駆除業者に調査してもらって駆除してもらうのがいいでしょう。

ハクビシン駆除に使われる華麗な技は実績豊富な優良業者だからできる

ハクビシン

早めの駆除がとても大事

ハクビシン駆除するとなったら、見た目で判断してかわいそうだと思うかもしれません。しかし、そんな気持ちだけで放置しておくとさまざまな被害を受けることになります。場合によっては、命に関わることに繋がることもあるでしょう。こういったことを考えるとハクビシンを見かけた時点で駆除業者に連絡するのが一番です。

侵入口も全て塞いでくれる

ハクビシンは賢い動物なので、一度外に出されてしまっても侵入口を塞いでいなかったらまたそこから侵入します。そのため、業者は侵入口を探し出して塞いでくれます。他にも侵入しそうなところがあれば、そこも塞いでくれるので徹底的に近づかせないようにします。こういった対策も行なってくれるので任せたほうがいいのです。

安いだけの業者は危険

ハクビシン駆除の業者は、現代に沢山います。人によっては、安いところがいいと思って実績を確認せずに依頼する人もいるでしょう。しかし、安いだけの業者だとしっかりと駆除してくれなかったり、対策してくれなかったりするので注意が必要です。安さを重視するにしても、実績があって安心して任せられるところを探しましょう。

口コミも確認しよう

業者へハクビシン駆除を任せるのが初めての時は、事前に口コミを確認してどんな対応をしてくれたのか確認しておくといいでしょう。そうすることで、安心して任せられる業者なのか判断しやすくなります。口コミを確認してから、実績や料金について調べるのもいいかもしれません。